October 24, 2019 / 6:43 AM / 24 days ago

マザーズ指数は5日続伸、日経平均の高値更新で投資マインド改善、値上がり率トップは中村超硬


*15:35JST マザーズ指数は5日続伸、日経平均の高値更新で投資マインド改善、値上がり率トップは中村超硬
 本日のマザーズ指数は、日本市場が全面高商状となるなか5日続伸となった。前日の米国市場は、米建機大手のキャタピラーが低調な決算ながらも、中国販売底入れの見通しを示したことから上昇したこともあり、主要指数はそろって上昇。業績の底入れ期待を引き継いだことに加えて、対ドルでの為替の円安基調も寄与するかたちで日経平均は年初来高値を更新した。こうした背景から個人投資家心理も一層改善し、マザーズ市場においても材料のある個別株の物色が盛んに見られた。
 個別では、開発課題として取り組んでいた「ゼオライトナノ粒子の製造方法と粒径制御技術」が科学技術振興機構から成功と認定されたと発表してから昨日まで3日連続でストップ高を演じていた中村超硬6166が本日も35%超のストップ高水準まで買われた。また、外資証券により新規に最上位でのレーティングが開始されたサンバイオ4592が9%超、連結子会社が米AT&Tの子会社との間で業務提携契約を締結したと昨日に発表したACCESS4813が8%超とそれぞれ大きく上伸した。その他では、イノベーション3970、シルバーエッグ・テクノロジー3961、サーバーワークス4434、レアジョブ6096、ASJ2351、アイペット損害保険7323などが値上がり率ランキングの上位となった。一方、連日のストップ高からの利益確定売りが続いた霞ヶ関キャピタル3498が本日も9%超と大きく下げたほか、くふうカンパニー4399、トレンダーズ6069、ギフティ4449、and factory7035、Lib Work1431、ビープラッツ4381、フーバーブレイン3927などが値下がり率上位に並んだ。
 また、本日マザーズ市場に新規上場したインティメート・マージャー7072は公開価格と同じ1900円の買い気配でスタートした後、結局値がつかず、気配値上限である4370円の買い気配のまま本日の上場初日を終えた。
 なお、売買代金は概算で548.90億円。騰落数は、値上がり154銘柄、値下がり126銘柄、変わらず15銘柄となった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below