October 31, 2019 / 7:05 AM / 13 days ago

マザーズ指数は反発、バイオ株上昇が目立つ、UMNがストップ高


*16:04JST マザーズ指数は反発、バイオ株上昇が目立つ、UMNがストップ高
 31日のマザーズ指数は反発となった。前日の米国株式市場で、米連邦公開市場委員会(FOMC)でパウエル議長が今後の利上げには大幅なインフレ率上昇が必要になるとの認識を示し、主要3指数は揃って反発。円安基調が継続するなか、朝方のマザーズ市場には買いが先行した。その後、日銀による金融政策決定会合を見極めたいとする向きが優勢となり、マザーズ指数は上げ幅を縮小する展開であったが、同イベントを無難に通過した後は次第に買い戻しが優勢になった。物色としてもバイオ株の上昇が目立った。なお、売買代金は概算で579.32億円。騰落数は、値上がり162銘柄、値下がり123銘柄、変わらず15銘柄となった。
 値上がり上位銘柄では、塩野義製薬4507がTOB(株式公開買い付け)を実施して完全子会社化すると発表したUMNファーマ4585はストップ高比例配分となったほか、ログリー6579やリブワーク1431がそれに続いた。そーせい4565、アンジェス4563、サンバイオ4592、オンコリス4588、ロゼッタ6182、弁護士ドットコム6027、AI CROSS4476、TKP3479、JIA7172が上昇。オンコリスは、岡山大学と次世代テロメライシンOBP-702の業務請負契約締結で合意したことを発表している。一方で、直近IPO銘柄であるジェイック7073やセルソース4880のほか、中村超硬6166、メルカリ4385、UUUM3990などは下落。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below