November 11, 2019 / 7:05 AM / a month ago

マザーズ指数は反発、先週末急落したメルカリの動きなども支えに


*16:02JST マザーズ指数は反発、先週末急落したメルカリの動きなども支えに
 本日のマザーズ指数は反発となった。買い先行で取引を開始した後、870.44ptまで上昇する局面もあったが、日経平均が弱含んでマイナスに転じる中でマザーズ指数も上げ幅を縮小。とはいえ、前週末に急落し指数の重しとなったメルカリ4385が反発していたことに加え、全体として中小型株が相対的に優位だったこともあり、その後は終日もみ合いが続いた。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で640.56億円。騰落数は、値上がり191銘柄、値下がり96銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、メルカリがマザーズ売買代金トップにランクイン。20年3月期の上期決算で営業損失が4.53億円(前年同期は30.53億円)と大幅に縮小した中村超硬6166も大幅高。大幅減収減益の上期決算を発表するも想定内との見方が強まったミクシィ2121は3%高に。20年3月期の上期営業利益が前年同期の約2.1倍の2.77億円となったアドバンスト・メディア3773は15%高と急伸。また、中国アリババによる大規模なECセール「独身の日」の好調が伝わるなか、関連銘柄の一角と見られているMTG7806に物色も。その他、ホープ6195、くふうカンパニー4399、ITbookホールディングス1447などが買われた。一方、20年3月期の上期営業利益が前年同期比98.5%減の0.03億円となったKudan4425や28日付で1部または2部に市場変更することと併せて株式の売り出しなどを発表し需給懸念が先行したユーザーローカル3984を筆頭に、Amazia4424、ALBERT3906、ユーザベース3966などが売られた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below