November 29, 2019 / 6:44 AM / 8 days ago

マザーズ指数は小幅に6日続伸、中小型物色の流れ続く、値上がり率トップはブティックス


*15:39JST マザーズ指数は小幅に6日続伸、中小型物色の流れ続く、値上がり率トップはブティックス
 本日のマザーズ指数は、中小型物色の流れが続いて小幅ながら6日続伸となった。前日の米国市場は感謝祭の祝日で休場。米中貿易協議に関する新しいヘッドラインもなく、新規材料難のなか、東証1部市場の大型株はさえず、幕間つなぎ的なかたちでマザーズ市場における個別材料銘柄に物色が集まった。指数インパクトの大きいそーせい4565が一時5%超上げたこともセンチメント改善に寄与した。ただ、ここ数日の連騰や、11月最終週末ということもあり、積極的に持ち高を傾ける雰囲気とはなりにくく、朝方の上昇後は次第に上げ幅を縮小していく展開となった。なお、売買代金は概算で871.62億円。騰落数は、値上がり143銘柄、値下がり147銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、ここ数日の買いの流れが続いたブティックス9272が前日比503円(+18.24%)高の3260円、集英社と新規マンガ配信サービスで業務提携を結んだLink-U4446が前日比705円(+15.97%)高の5120円と揃ってストップ高水準まで買い進まれた。この他、レアジョブ6096、トビラシステムズ4441、エクスモーション4394、インフォネット4444などが2ケタ台の上昇をみせた。一方、作日大幅高を演じた反動から利益確定売りが優勢となったカイオム4583が6%超と大きく反落したのを筆頭に、EduLab4427、インティメート・マージャー7072、コンヴァノ6574、SOU9270などが値下がり率上位に並んだ。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below