December 2, 2019 / 7:10 AM / 7 days ago

マザーズ指数は7日ぶりに反落、物色は個別材料株などにとどまる


*16:07JST マザーズ指数は7日ぶりに反落、物色は個別材料株などにとどまる
 本日のマザーズ指数は7日ぶりに反落となった。米国の年末商戦への期待感に加え、中国の製造業PMIが50を上回ったことが買い戻しを誘う格好となり、日経平均が買い先行後も上げ幅を広げる展開となるなか、マザーズ指数も買いが先行して取引を開始。ただ、本日の全体感としては資金が主力市場に向かう展開で、個別材料株の物色の域を出ず、前引けにかけてマザーズ指数はマイナス転換。後場もそのままマイナス圏でのもみ合いに。なお、マザーズ指数は7日ぶりに反落、売買代金は概算で837.72億円。騰落数は、値上がり170銘柄、値下がり119銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、ストップ高まで買われたセルソース4880がマザーズ売買代金トップにランクイン。先週から強い値動きを見せているAI CROSS4476も買いが継続。19年12月期の営業利益予想を従来の11.68億円から13.64億円に上方修正したGNI2160も買われた。また、武田薬と岩手医科大学と共同でパーキンソン病の診断、治療に関する研究を開始すると発表したFRONTEO2158は一時460円まで急伸。クラウドPOSレジ「スマレジ」の累積取扱高が2兆円を突破したと公表したスマレジ4431にも関心が向かった。その他、Amazia4424、2477074、ジェイック7073、ナノキャリア4571などが買われた。一方、10月度の「迷惑情報フィルタサービス」月間利用者数が短期的な利食いを誘ったトビラシステムズ4441が5%安。その他、そーせい4565、ホープ6195、Sansan4443、メルカリ4385、メドピア6095、弁護士ドットコム6027などが売られた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below