December 20, 2019 / 7:47 AM / a month ago

マザーズ指数は続伸、主力株の一角が復調、IPOスペースマーケットの初値は2.2倍


*16:37JST マザーズ指数は続伸、主力株の一角が復調、IPOスペースマーケットの初値は2.2倍
 本日のマザーズ指数は続伸となった。前日の米国株式市場にてハイテク株中心に買いが広がった流れを受け、テクノロジー関連の多いとされるマザーズ市場にも追い風となり、マザーズ指数は堅調なスタートになった。東京時間朝方にかけての円高進行の動きが一服したことも、個人投資家心理にとっての支援材料に。活発な物色の目立つIPO銘柄からの資金循環や、大型上場案件の通過に伴い前日からみられ始めたマザーズ時価総額上位銘柄の一角に対する資金還流の動きが本日も継続した。なお、売買代金は概算で1711.04億円。騰落数は、値上がり164銘柄、値下がり137銘柄、変わらず11銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄には、18日に上場した直近IPO銘柄であるJTOWER4485がストップ高比例配分となったほか、アズーム3496やSERIOホールディングス6567、フィル・カンパニー3267が2ケタ上昇に。フィル・カンパニーは東証1部への市場変更発表が材料視された。売買代金上位銘柄では、フリー4478、ユナイトアンドグロウ4486、ウィルズ4482、SREホールディングス2980、Sansan4443、GNI2160、セルソース4880が上昇。一方で、マクアケ4479、サンバイオ4592、ランディックス2981、メルカリ4385、JMDC4483はさえない。
 なお、本日はマザーズ市場に2社上場し、スペースマーケット4487の初値は公開価格の約2.2倍となる1306円、INCLUSIVE7078の初値は4535円(同約2.1倍)となった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below