January 20, 2020 / 7:10 AM / a month ago

マザーズ指数は5日ぶり反発、物色は個別材料株中心、直近IPOには利食いも


*16:08JST マザーズ指数は5日ぶり反発、物色は個別材料株中心、直近IPOには利食いも
 本日のマザーズ指数は5日ぶりの反発となった。米株高の流れから新興市場は買いが先行、マザーズ指数は一時888.89ptまで上昇する場面も。ただ、主力・新興市場ともに商いが膨らみにくい需給状況のなか、物色は個別材料株などに留まり、その後は大引けにかけてレンジ内でもみ合う展開となった。なお、マザーズ指数は5日ぶりの反発、売買代金は概算で833.95億円。騰落数は、値上がり170銘柄、値下がり134銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、オンコセラピー・サイエンス4564がマザーズ売買代金トップにランクイン。19年12月期の営業利益を従来予想の2.70億円から3.10億円に上方修正したウィルズ4482は12%高。米航空宇宙局(NASA)が27-30日(日本時間28-31日)に開催するワークショップに参加すると発表した窪田製薬4596、完全子会社のMisuzu & Co.を3月1日に吸収合併すると発表したロコンド3558などにも関心が向かった。国内市場向けSMS配信状況が評価材料視されたアクリート4395は後場に一段高。その他、UUUM3990、JMDC4483、ホープ6195、MTG7806、サンバイオ4592などが買われた。一方、HPCシステムズ6597やフリー4478、Sansan4443、ギフティ4449、マクアケ4479など直近IPO銘柄で利食いの動きが目立った。また、「米グーグル、ネット利用者の閲覧データ提供取りやめ」との一部報道で先週関心を集める場面があったログリー6579も6%安。その他、インパクト6067、チームスピリット4397、マネーフォワード3994などが売られた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below