January 22, 2020 / 7:17 AM / a month ago

マザーズ指数は小幅に3日ぶり反落、積極的な押し目買い限られる、ホープが大幅続落


*16:11JST マザーズ指数は小幅に3日ぶり反落、積極的な押し目買い限られる、ホープが大幅続落
 本日のマザーズ指数は3日ぶりの反落となった。連休明けとなった前日の米国株式市場では、中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎拡大への懸念から主要3指数が揃って反落。この流れから投資家心理の悪化に繋がり、本日のマザーズ市場には朝方から売りが優勢になった。前日に下げの目立った香港株が反発したことが押し目買い材料となり、マザーズ指数は一時プラスに転じる場面もあったものの、日本企業の決算ラッシュ前ということもあり、大引けにかけて積極的な買いの手は限られた。なお、マザーズ指数は小幅ながら3日ぶり反落、売買代金は概算で725.83億円。騰落数は、値上がり146銘柄、値下がり150銘柄、変わらず18銘柄となった。
 値下がり率上位銘柄では、ホープ6195が6%安になったほか、2477074やバルテス4442などがそれに続いた。売買代金上位銘柄では、フリー4478が4%安になったほか、GNI2160やSansan4443、UUUM3990、マクアケ4479、ロゼッタ6182、チームスピリット4397、PKSHA3993が軟調。一方で、BUYSELL7685がストップ高水準まで買い進まれたほか、オンコセラピー・サイエンス4564、JTOWER4485、JMDC4483、そーせい4565、ALBERT3906、メドピア6095は上昇した。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below