February 27, 2020 / 8:39 AM / a month ago

マザーズ指数は4%超の大幅安、センチメントの悪化止まらず、値上がり率トップはアルー


*17:31JST マザーズ指数は4%超の大幅安、センチメントの悪化止まらず、値上がり率トップはアルー
 本日のマザーズ指数は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に対する警戒感に歯止めがかからない中、4%を超す大幅な下落となった。前日の米国市場では、連日の株価下落を受けて自律反発狙いの買いが先行したが、次第に世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を嫌気した売りに押され、結局、主要3指数は高安まちまち。ナスダック総合指数やSOX指数が小幅高であったにも関わらず、本日の東京市場では、ハイテク株への売りの流れに変化はなく、日経平均は400円超値を下げ、節目の22000円をも割り込んだ。こうした地合いの悪い環境下、個人投資家の投資余力も急速に悪化し、流動性に欠けた中小型株が集まるマザーズ市場では時価総額上位銘柄を含め全面安商状となった。なお、売買代金は概算で960.57億円。騰落数は、値上がり21銘柄、値下がり289銘柄、変わらず4銘柄となった。
 個別では、マーサージャパンとグローバル人材育成で業務提携契約を締結したアルー7043が14%超とストップ高まで買われ、新型コロナウイルス拡大に伴うオンライン関連銘柄としての物色の流れが続いたすららネット3998は5%高となった。その他では、メドレー4480、ファンデリー3137などが値上がり率上位に入った。ただ、全面安商状のなか、本日のマザーズ市場では値上がりした銘柄は計21銘柄しかなく、また、値上がり率ランキング5位以下の上昇率は0~1%台と活況には程遠い内容であった。一方、連日の急騰からの反動でリアルワールド3691が22%安とストップ安まで売られたほか、直近IPOのAHCグループ7083や、TDSE7046、イグニス3689、ブライトパス4594、ランディックス2981などが値下がり率上位に入った。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below