March 16, 2020 / 7:31 AM / 2 months ago

マザーズ指数は4日続落、日経平均に引きずられマイナス転換


*16:26JST マザーズ指数は4日続落、日経平均に引きずられマイナス転換
 本日のマザーズ指数は4営業日続落となった。米株高の流れからマザーズ指数は上昇して取引を開始。日経平均が荒い値動きとなるなか、物色は相対的に新興市場に向かう格好となり、一時596.54ptまで上げ幅を拡大。ただ、その後は前倒しされた日銀の金融政策決定会合を睨んで市場全体が様子見ムードとなり、こう着感が強まる展開に。金融政策決定会合での決定内容が伝わると、日経平均が荒い値動きとなり、マザーズ指数も引きずられる格好から急速に利食いが進みマイナスに転じて取引を終えた。なお、マザーズ指数は4営業日続落、売買代金は概算で854.73億円。騰落数は、値上がり163銘柄、値下がり145銘柄、変わらず9銘柄となった。
 個別では、アンジェス4563がマザーズ売買代金トップにランクイン。オーストラリアで実施中の高血圧ワクチン開発のための第1/2a相臨床試験で、予定した24例の患者への投与が完了したと発表したことが材料視された。また、好調な20年6月期の上期決算を評価した動きとなったアドベンチャー6030、20年4月期第3四半期の営業利益が前年同期比136.5%増の7.08億円と発表したスマレジ4431、臨時休校を実施する学校法人に向けて、授業動画の作成とアーカイブ配信ができる動画サービスを3カ月間無償提供すると発表したJストリーム4308などに物色が見られた。その他、PSS7707、Amazia4424、サンバイオ4592、弁護士ドットコム6027などが買われた。一方、フリー4478とメルカリ4385を筆頭にAiming3911、そーせい4565、フォースタートアップス7089、GNI2160、TKP3479、ミクシィ2121、AIinside4488などが売りに押された。
 なお、本日マザーズ市場に新規上場したミクリード7687の初値は、公開価格(890円)を8.1%下回る818円、初値形成時の出来高は26万1300株だった。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below