March 17, 2020 / 7:42 AM / in 12 days

マザーズ指数は5日ぶり大幅反発、自律反発狙いの買い、セルソースがストップ高


*16:38JST マザーズ指数は5日ぶり大幅反発、自律反発狙いの買い、セルソースがストップ高
 本日のマザーズ指数は5日ぶりの大幅反発となった。新型コロナウイルスによる危機の長期化懸念などから前日の米国株式市場では、NYダウが過去最大の下げ幅を再び更新。この流れから、本日のマザーズ市場にも朝方から売りが先行した。一方でその後は、公的年金などの買い観測や日銀による上場投資信託(ETF)買い入れ強化姿勢への思惑などから日経平均が下げ渋りをみせると、マザーズ銘柄にも自律反発狙いの買いが目立った。物色としても、時価総額上位銘柄や決算を手がかり材料とした銘柄への商いが目立ち、マザーズ指数は引けにかけて上げ幅を拡大する展開となった。なお、売買代金は概算で1010.57億円。騰落数は、値上がり252銘柄、値下がり62銘柄、変わらず3銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、前日に発表された決算を受けて買いが優勢になったダブルエー7683やセルソース4880がストップ高になったほか、HENNGE4475、スペースマーケット4487などがそれに続いて大幅高に。売買代金上位銘柄では、アンジェス4563、メルカリ4385、そーせい4565、Aiming3911、Amazia4424、GNI2160、JTOWER4485、サーバーワークス4434、ブシロード7803が上昇。一方で、20年1月期営業損益が前の期から一段と悪化したサンバイオ4592が4%安になったほか、ビザスク4490やTKP3479なども軟調。
 なお、本日はマザーズ市場にドラフト5070、リビングプラットフォーム7091の2社が上場しており、初値はそれぞれ公開価格を22.7%下回る1221円、同9.0%下回る3550円となった。
《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below