March 23, 2020 / 7:24 AM / 3 months ago

マザーズ指数は反発、相対的に主力市場に資金が向かう


*16:15JST マザーズ指数は反発、相対的に主力市場に資金が向かう
 本日のマザーズ指数は反発となった。前週末終値水準からのスタートとなったマザーズ指数は、前場に一時547.21ptまで下落する場面もあったが、その後は下げ渋る展開。日銀のETF買いへの思惑なども強まるなか、後場に日経平均がギャップアップで取引を開始すると、マザーズ指数も同様にプラスに転じる格好に。ただし、後場は相対的に主力市場に資金が向かったこともあり、基本的にはもみ合いに終始した。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で589.58億円。騰落数は、値上がり170銘柄、値下がり143銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、関通9326がマザーズ売買代金トップにランクイン。一時1400円まで上昇したものの、売り買いが交錯し結局は大引けにかけて換金売りが優勢となった。また、エーザイとエンドセリンA受容体選択的拮抗薬の中国でのライセンス契約を締結したGNI2160をはじめとし、アンジェス4563、そーせい4565などバイオ株の一角に買いが向かった。その他、弁護士ドットコム6027、Amazia4424、ミクシィ2121、TKP3479、UUUM3990などが大きく買われた。一方、マネーフォワード3994、Sansan4443、JTOWER4485が軒並み6%安となった他、4月9日付での市場変更を発表したオイシックス3182、チームスピリット4397、JMDC4483、マクアケ4479などが売られた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below