April 30, 2020 / 8:25 AM / a month ago

マザーズ指数は5日続伸、全面高商状のなか中小型株人気も継続、値上がり率トップはアンジェス


*17:21JST マザーズ指数は5日続伸、全面高商状のなか中小型株人気も継続、値上がり率トップはアンジェス
 本日のマザーズ指数は、全面高商状でリスクオンムードが高まるなか個人投資家心理も上向き5日続伸となった。原油価格の反発や新型コロナウイルス治療薬として期待される米ギリアド社のレムデシビルの臨床試験で肯定的な効果が確認されたことを好感し、前日の米国市場では主要株価指数が大きく上昇していた。この流れを受けて、日経平均が節目の20000円を軽く超える大幅高を演じると、個人投資家センチメントも向上し、中小型株も景気敏感の大型株に負けじと上伸した。テクニカル的にはマザーズ指数は今週に入ってから27日には終値ベースで75日移動平均線を突破し、28日には5日線が75日線を上抜いた。本日の終値は791.44ptと、直近3ヵ月間の価格別売買高でもっとも商いが積み上がっている750ptどころを明確に抜いてきた。祝日を前に明日は上値が重くなることが予想されるが、全体地合いとともにテクニカル的にもマザーズ指数は良好な状況を整えてきたといえる。なお、売買代金は概算で2188.67億円。騰落数は、値上がり201銘柄、値下がり107銘柄、変わらず14銘柄となった。
 個別では、新型コロナウイルス向けの新薬開発で活況となっているアンジェス4563が本日も23%高と9日続伸した。また、上半期業績が大幅に上振れたアズーム3496、27日にアンジェスと新型コロナの包括的共同研究契約を締結したHMT6090、吉本興業と業務提携契約を締結したUUUM3990、第1四半期営業損益が0.37億円と黒字に浮上したsMedio3913、非開示だった1-6月期業績予想で最終損益が3.77億円の赤字(前年同期は4.69億円の赤字)と赤字幅が縮小する見通しを示したAiming3911などがストップ高となった。その他では、ブランジスタ6176、ベストワンドットコム6577、富士マガ3138などが値上がり率上位に入った。一方、新型コロナ関連や直近IPOとして直近物色されていた銘柄群がそろって大幅下落する形となり、値下がり率上位には、サイバーセキュリティクラウド4493、メドレー4480、ミクリード7687、松屋R&D7317、MRT6034などが並んだ。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below