May 21, 2020 / 7:32 AM / in 3 months

マザーズ指数は5日続伸、大型株こう着感強めるなか中小型株優位の展開、値上がり率トップはメディネット


*16:29JST マザーズ指数は5日続伸、大型株こう着感強めるなか中小型株優位の展開、値上がり率トップはメディネット
 本日のマザーズ指数は、日経平均など大型株が集まる指数がこう着感を強めるなか個人投資家の個別株物色が中小型株に集まり5日続伸した。前日の米株式市場では、大手小売各社の好調な決算発表や4月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、連銀が追加緩和に前向きである方針が確認されたことなどを受けてハイテク株を中心に大幅に上昇。この流れを受けて日経平均も寄り付き直後に20734.91円まで買われ、コロナショック後の戻り高値を更新した。こうした中、年初来高値を更新して好調が続くマザーズ指数も大きく上昇して始まった。ただ、トランプ米大統領のTwitter投稿が水を差す形となり、米中摩擦懸念が高まる中、主要株価指数は揃って上げ幅を縮める展開に。しかし、それでも後場に入って、マイナスに転じていた日経平均が前日終値水準でもみ合い下げ渋ると、個人投資家心理も大きく悪化することはなく、マザーズ指数については、一度もマイナス水準に転じることなく、引けにかけて上げ幅を拡大していく展開となった。なお、売買代金は概算で2340.71億円。騰落数は、値上がり186銘柄、値下がり129銘柄、変わらず5銘柄となった。
 個別では、21年3月期営業損益は前期の8.44億円の赤字から一転して2.00億円の黒字予想としたFRONTEO2158が20%超のストップ高となったほか、TDSE7046も19%とストップ高まで買われた。その他では、5日続伸と買い進まれたインフォネット4444が20%高、リビン・テクノロジーズ4445は18%高、駅探3646も18%高となった。また、売買代金トップのアンジェス4563は3日ぶりに反発し12%高と賑わった。その他で上昇率上位となったのは、スポーツフィールド7080、ユナイトアンドグロウ4486、フィードフォース7068など。一方、急連騰からの利益確定売りが優勢となったKudan4425、NexTone7094、ミクリード7687、メドレー4480などは大きく下落した。その他では、自律制御システム研究所6232、イグニス3689、DMP3652、フォーライフ3477、JMDC4483、JIG-SAW3914などが下落率上位となった。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below