for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は6日ぶり小幅反落、日経平均軟化でも底堅く、FRONTEOなどストップ高


*16:56JST マザーズ指数は6日ぶり小幅反落、日経平均軟化でも底堅く、FRONTEOなどストップ高
 本日のマザーズ市場では、バイオ関連株の一角や株価の出遅れ感の強い銘柄を中心に循環物色が続いた。経済活動の再開に期待した物色なども見られた。前場のマザーズ指数は堅調に推移し、取引時間中の年初来高値を連日で更新。後場に日経平均が香港を巡る懸念から軟化すると連れ安になったが、相対的に下げは小さく底堅かった。なお、マザーズ指数は6日ぶり小幅反落、終値では0.1%の下落にとどまった。売買代金は概算で2147.98億円。騰落数は、値上がり153銘柄、値下がり161銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のメルカリ
4385やフリー4478、売買代金上位のBASE4477やKudan4425が軟調。イグニス3689は週半ばまで急ピッチの上昇が続いた反動で利益確定売りがかさみ、下落率トップとなった。一方、売買代金トップのアンジェス4563は朝高後に伸び悩んだが続伸。時価総額では再びマザーズ3位に浮上した。日本医療研究開発機構(AMED)が公募した新型コロナウイルスワクチン開発の支援先に採択されたと発表している。その他売買代金上位ではOTS4564やF−ブレイン3927が大幅高となり、MDNT2370やFRONTEO2158はストップ高を付けた。時価総額上位ではアンジェスのほか弁護士コム6027などが上昇した。


《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up