for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は続落、売り一巡後1000pt近辺まで戻す、すららNTストップ高


*17:07JST マザーズ指数は続落、売り一巡後1000pt近辺まで戻す、すららNTストップ高
 本日のマザーズ市場では、前日の米国株がハイテク関連も含め急落したとあって、リスク回避目的の売りが先行した。マザーズ指数は一時、900pt台半ばに位置する25日移動平均線に迫る水準まで調整。しかし、日経平均の下げ渋りとともに投資家心理が持ち直したとみられ、マザーズ指数も1000pt近辺まで値を戻した。新型コロナウイルスへの対応で期待されるバイオ関連株やインターネット・IT関連株の一角に押し目買いが入った。なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で2513.70億円。騰落数は、値上がり70銘柄、値下がり249銘柄、変わらず2銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のフリー
4478、売買代金上位のサイバーセキュリ4493やOTS4564などが軟調。ナノキャリア4571は短期的な過熱感から荒い値動きで、終値では8%超の下落となった。また、決算発表のツクルバ2978やVALUENEX4422、バイオ関連のカイオム4583などが下落率上位に並んだ。一方、時価総額上位ではメルカリ4385や弁護士コム6027が上昇。アンジェス4563も特許取得が材料視されて小幅ながらプラスとなった。売買代金上位ではPSS7707が大きく上昇し、株式分割実施を発表したすららネット3998はストップ高水準まで買われた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up