July 21, 2020 / 7:28 AM / 13 days ago

マザーズ指数は大幅続伸、ITからバイオへ循環も、Aimingなどストップ高


*16:20JST マザーズ指数は大幅続伸、ITからバイオへ循環も、Aimingなどストップ高
 本日のマザーズ市場では、前日の米ハイテク株高を引き継いでインターネット・IT関連株を中心に買いが先行した。メルカリ4385のように上値で利益確定の売りが出る銘柄もあったが、一方で資金流出が続いていたアンジェス4563などバイオ関連株の一角が売り一巡後に持ち直し、マザーズ指数は堅調な展開となった。なお、マザーズ指数は大幅続伸。終値では2%を超える上昇となり、1010pt台に位置する25日移動平均線水準まで値を戻した。売買代金は概算で1861.77億円。騰落数は、値上がり239銘柄、値下がり75銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、前述のメルカリが終値で小幅高。一部証券会社の目標株価引き上げが観測されて一時7%高となったが、利益確定の売りも出た。反面、アンジェスは売り先行後にプラス転換。その他時価総額上位では、目標株価引き上げ観測のSansan4443が10%超の上昇となった。売買代金上位もBASE4477、ロコンド3558、アイキューブド4495など全般堅調。また、新作ゲームで注目されるAiming3911や直近上場のGMO−FG4051はストップ高水準で取引を終えた。一方、リボミック4591やサーバーワークス4434が軟調で、ロコガイド4497は小安い。サマンサJP7829は実質的存続性の喪失に係る猶予期間入りを受けて下落率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below