for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反落、優待権利取りで売られる、値上がり率トップはG-FACTORY


*16:51JST マザーズ指数は反落、優待権利取りで売られる、値上がり率トップはG-FACTORY
 本日のマザーズ指数は、好調な米国市場や堅調なマザーズ先物のナイトセッションの流れを引き継ぎ続伸してスタートした。国内では新型コロナ対策である雇用調整助成金が延長されると日本経済新聞が報じており、企業や投資家のセンチメントが向上したこで、寄り付き付近は堅調な推移となった。しかし、本日は8月の株主優待の権利最終日となり、個人投資家が株主優待を取得する流れが強く、マザーズ銘柄の需給が悪化したことで、時価総額上位のBASE
4477、AIinside4488などが値を下げマザーズ指数は反落となった。なお、売買代金は概算で2754.98億円。騰落数は、値上がり79銘柄、値下がり243銘柄、変わらず5銘柄となった。
 個別では、スカラ
4845と合弁会社の設立を発表したブランディング7067はストップ高となり、27日約定分より信用取引規制で売り禁止となったjGroup3063は9%を超える上昇となった。また、ウーバーイーツが日本事業でドローンの活用を検討しているとの報道でACSL6232が5%を超える上昇となった。そのほか、G−FACTRY3474、フレアス7062、コパ7689が高い。一方、中国本土向けコンテンツの配信予定延期を発表したバンクオブイノベ4393はストップ安となり、新規上場後に連騰が続いていたティアンドエス4055は利食い売りに押されストップ安となった。また、日々公表銘柄に指定されたリファインバス6531は需給悪化を嫌気して13%を超える下げとなった。そのほか、ジモティー7082、ニューラルポケット4056、フォーライフ3477が安い。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up