for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は4日ぶり反発、売買低調も反発狙いの押し目買い優勢


*16:46JST マザーズ指数は4日ぶり反発、売買低調も反発狙いの押し目買い優勢
 本日のマザーズ市場では、反発狙いの押し目買いが優勢となった。連休明けの米国市場で主要ハイテク株が下げ止まるか見極めたいとの思惑も強く、売買はやや低調だった。しかし、マザーズ指数は前週後半から下げが続いただけに、25日移動平均線の位置する1100pt近辺まで調整が進んだことで押し目買いが入ったようだ。なお、マザーズ指数は4日ぶり反発、2%近い上昇で高値引けした。売買代金は概算で1780.99億円と8月13日以来の低水準。騰落数は、値上がり252銘柄、値下がり64銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、メルカリ
4385、ラクス3923、フリー4478など時価総額上位は全般堅調。売買代金トップのイグニス3689は小幅高で取引を終え、一部証券会社のカバレッジ開始が観測されたニューラル4056やコロナ禍中の業績改善が報じられたBASE4477は上げが目立った。また、マザーズでも経済活動再開に期待した物色が見られ、フリークHD6094やミクリード7687がストップ高を付けた。一方、このところ賑わっていた直近IPO(新規株式公開)銘柄のサンアスタリスク4053が急反落。同じく売買代金上位のインタファクトリ4057やITbookHD1447、時価総額上位のJMDC4483も軟調だった。また、ブティックス9272などが下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up