for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反落、一時は年初来高値更新 値上がり率トップはオンコセラピーサイエンス


*16:56JST マザーズ指数は反落、一時は年初来高値更新 値上がり率トップはオンコセラピーサイエンス
 本日のマザーズ指数は、米国市場が軟調に推移したことやマザーズ先物のナイトセッションが小安く取引を終了した流れを引き継ぎ反落でスタートした。寄り付き後は、本日の日本経済新聞が、「政府がマイナンバーと銀行口座を連動させる方針」と報じたことで、時価総額上位のフリー
4478などデジタル化関連銘柄が上昇し相場をけん引した。マザーズ指数は、一時は1220.12ptまで上げ幅を拡大し、年初来高値を更新する場面があった。しかし、後場に入り時間外取引の米ダウ先物が120ドル急落したことがきっかけで個人投資家のリスクセンチメントが悪化、時価総額上位のJMDC4483やマネーフォワード3994などが値を消し、マザーズ指数は急落して取引を終了した。IPO銘柄への物色意欲が高いことも時価総額上位銘柄の重しとなったようだ。マザーズ指数は反落、売買代金は概算で2786.59億円。騰落数は、値上がり48銘柄、値下がり268銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、政府がマイナンバーと銀行口座を連動させる方針を明らかしたとの日本経済新聞の報道でフリーが4%を超える上昇となり、創業者の中村氏がノーベル賞候補との思惑でOTS
4564が32%を超える上昇となった。そのほか、アクアライン6173、ログリー6579、ピースリー6696が高い。一方、昨日に日々公表銘柄に指定されたMマート4380は需給悪化懸念で11%を超える下げとなり、フリーがIDやパスワードの保存を必要としない銀行との連携機能を開始したことでの思惑からHENNGE4475が4%を超える下げとなった。そのほか、メルカリ4385、マクアケ4479、モダリス4883が安い。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up