for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は大幅反発で年初来高値、IPOヘッドウォーター初値付かず、rakumo3倍


*16:53JST マザーズ指数は大幅反発で年初来高値、IPOヘッドウォーター初値付かず、rakumo3倍
 本日のマザーズ市場では、終日買い優勢の展開が続いた。米ハイテク株を中心に海外株が値上がりし、個人投資家のマインドが上向いた。また、引き続き菅新政権への期待も個人投資家の物色意欲を刺激したようだ。新興株中心のマザーズ指数は日経平均などと比べると9月末の配当落ちの影響が小さかった。なお、マザーズ指数は大幅反発。終値では3%を超える上昇となり、年初来高値を更新した。2018年3月以来の高値水準となる。売買代金は概算で1908.95億円。騰落数は、値上がり252銘柄、値下がり58銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、メルカリ
4385、フリー4478、ラクス3923といった時価総額上位がいずれも堅調。売買代金上位ではBASE4477やAiming3911が買われた。通信インフラシェアのJTOWER4485はストップ高。NTT9432がNTTドコモ9437を完全子会社化するとの報道を受けて思惑が広がったようだ。ログリー6579などもストップ高水準で取引を終えた。一方、直近IPO(新規株式公開)銘柄のトヨクモ4058やIne4933は換金売りがかさんだ。海帆3133やフェイスNW3489もIneなどとともに下落率上位に顔を出した。
 なお、rakumo
4060は上場2日目の本日、公開価格の約3倍となる初値を付けた。また、本日マザーズに新規上場したヘッドウォーター4011は買い気配のまま初値が付かなかった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up