for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反発、後場に一段と強含み年初来高値を更新


*16:05JST マザーズ指数は反発、後場に一段と強含み年初来高値を更新
 本日のマザーズ指数は反発となった。前週末はトランプ大統領の新型コロナウイルス感染報道を受けてリスク回避の動きから後場に急速に売られたが、トランプ大統領が早ければ5日にも退院する可能性があると担当医師が説明したことが伝わったことで週初の新興市場でも買い戻しの動きが先行。マザーズ指数も上昇して始まると、順調に上げ幅を拡大する展開。後場に入ると一段と強含む格好となり、一時1255.84ptまで上昇し年初来高値を更新。その後はこう着感が強まったものの、全般強い値動きで取引を終えた。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で2070.91億円。騰落数は、値上がり264銘柄、値下がり56銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、9%高のBASE
4477がマザーズ売買代金トップにランクイン。トヨクモ4058を筆頭に、rakumo4060、ヘッドウォータース4011、I-ne4933、日本情報クリエイト4054など直近IPO銘柄が軒並み大幅高。また、GNI2160やサンバイオ4592、そーせい4565などバイオ株の主力処にも物色が見られた。その他、メルカリ4385、マネーフォワード3994、弁護士ドットコム6027、HENNGE4475などが買われた。一方、クラウドファウンディングでトラブル相次ぐとの一部報道を受けて、同テーマの関連銘柄でもあるマクアケ4479が売りに押された。また、OTS4564も8%安と大幅安。その他、ログリー6579、ギフティ4449、すららネット3998などが売られた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up