for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は続伸、巣籠り関連やデジタル行政関連が強い 値上がり率トップはサイバーダイン


*16:55JST マザーズ指数は続伸、巣籠り関連やデジタル行政関連が強い 値上がり率トップはサイバーダイン
本日のマザーズ指数は、米ナスダックが反落したことや、マザーズ先物のナイトセッションが軟調に推移した流れを引き継ぎマイナスでスタートした。しかし、寄り付き後は、時価総額上位のメルカリ
4385やBASE4477など巣籠り関連銘柄が上昇し相場を押し上げプラス圏に浮上となった。また、河野行革担当相が地方自治体向けに押印廃止マニュアルの作成を検討していると述べたと報じられたことで、時価総額上位の弁護士ドットコム6027やAIinside4488などデジタル行政関連銘柄が大幅上昇し、相場をけん引した。これらの動きから、マザーズ指数は年初来高値を更新し1293.16ptと本日の高値圏で取引を終了した。マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で2728.65億円。騰落数は、値上がり177銘柄、値下がり142銘柄、変わらず10銘柄となった。個別では、HAL医療用下肢タイプを米国FDAが脳卒中と進行性神経・筋難病に対して医療機器承認されたサイバーダイン7779はストップ高となった。また、全国的に押印廃止の流れが強まっていることでAIinsideが7%を超える上昇となった。そのほか、アクアライン6173、フィット1436、メディカルネット3645が上昇した。一方、直近IPO銘柄調整の流れから、タスキ2987が15%を超える下落となり、また、アクシス4012も11%を超える下落となった。そのほか、ナノキャリア4571、ヘッドウォータース4011、インタースペース2122が安い。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up