for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反発、クラウド、デジタル行政関連が強い 値上がり率トップはGMO−FG


*16:55JST マザーズ指数は反発、クラウド、デジタル行政関連が強い 値上がり率トップはGMO−FG
 本日のマザーズ指数は、米国市場が反落しマザーズ先物のナイトセッションが小安く取引を終えた流れを引き継ぎ続落してスタートした。寄り付き後は、直近の国内でのクラウド導入の申込数がコロナ前の2倍と日本経済新聞が報じたことで、時価総額上位のフリー
4478などクラウド関連が上昇し、マザーズ指数をけん引した。また、行政のデジタル化関連銘柄である時価総額上位のAIinside4488や弁護士ドットコム6027などが上昇したことも指数を押し上げした。そのほか、メドレー4480やJMDC4483など遠隔診療関連銘柄も相場の上昇に寄与した。これらの動きから、マザーズ指数は年初来高値を更新し1365.49ptと本日の高値圏で取引を終了した。マザーズ指数は反発、売買代金は概算で2842.18億円。騰落数は、値上がり145銘柄、値下がり178銘柄、変わらず6銘柄となった。
 個別では、中銀のデジタル通貨の関連銘柄としてGMOフィナンシャルゲート
4051がストップ高となった。また、10月8日の年初来高値を更新後は3日続落していたBASE4477は4%を超える反発となった。そのほか、ユナイトアンドグロウ4486、プロパティデータバンク4389、ウィルズ4482が高い。一方、20年11月通期予想で営業利益を1.60億円から0.80億円に下方修正を発表したシリコンスタジオ3907は6%を超える下落となった。また、21年8月通期予想の当期純利益が前年比49.1%減と発表したチームスピリット4397は13%を超える下落となり、12日に立会外分売11万4000株発表した影響でイオレ2334が6%を超える下落となった。そのほか、タスキ2987、フルッタフルッタ2586、エディア3935が安い。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up