for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反落、デジタル化、巣籠り関連が安い、値上がり率トップはベルトラ


*17:27JST マザーズ指数は反落、デジタル化、巣籠り関連が安い、値上がり率トップはベルトラ
 本日のマザーズ指数は、米国ナスダック市場が下落したことや、寄り付き前のマザーズ先物がマイナスで取引を開始した流れを引き継ぎ反落でスタートした。寄り付き後は、昨日にファイナンスを発表した、時価総額上位のJMDC
4483や、アンジェス4563が株式の希薄化懸念から下落したことが相場の重しとなり、マザーズ指数は下げ幅を拡大。また、行政や企業のデジタル化が、コロナワクチン開発の進展で遅延するとの思惑から、時価総額上位のAIinside4488や弁護士ドットコム6027などデジタル化関連銘柄が大幅安したこともマザーズ市場の下げを加速させた。そのほか、時価総額上位のメルカリ4385やBASE4477など巣籠り関連も下落したことも相場の売り圧力となった。これらのことから、マザーズ指数は一時86.46pt下落し、本日の安値付近で取引が終了となった。なお、旅行関連株が軒並み高となったが、指数への寄与度が小さく相場を押し上げるには至らなかったもようだ。
 マザーズ指数は反落、売買代金は概算で2648.45億円。騰落数は、値上がり85銘柄、値下がり241銘柄、変わらず5銘柄となった。
 個別では、ファイザーのコロナワクチンの開発進展で旅行需要回復への思惑からベルトラ
7048がストップ高となった。また、マイクロニードルのアプリケータに関して日本で特許査定を発表したメドレックス4586は9%を超える上昇となった。そのほか、アズーム3496、アドベンチャー6030、旅工房6548が高い。一方、250万株の公募売り出しを発表したJMDCが株式の希薄化懸念で16%を超える下げとなり、第3者割当増資で2447万株を発表したアンジェスも同じく7%を超える下げとなった。また、ワクチン開発の進展でEC需要の早期減退の思惑からBASEが13%を超える下げとなた。そのほか、KIYOラーニング7353、Jストリーム4308、すららネット3998が安い。


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up