for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反発、時価総額上位の銘柄が反発、値上がり率トップはKaizenPF


*17:01JST マザーズ指数は反発、時価総額上位の銘柄が反発、値上がり率トップはKaizenPF
本日のマザーズ指数は、米国のナスダックが史上最高値を更新したことや、ナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ、反発でスタートした。現物株の寄り付き後に、時価総額上位のフリー
4478が下げ幅を拡大し、メルカリ4385が一時マイナスに転じたことから、マザーズ指数も5.52pt高まで上げ幅を縮小し、伸び悩みする場面があった。しかし、後場に入り、時価総額上位のBASE4477やHENNGE4475が一段高したことや、大引けかけてAIinside4488がプラスに転じたことが相場を押し上げ、マザーズ指数は2%を超える上昇となり取引を終了した。時価総額上位の銘柄から直近IPOに物色の矛先が向かう流れが変わったことが相場を下支えしたようである。マザーズ指数は反発、売買代金は概算で2226.94億円。騰落数は、値上がり223銘柄、値下がり108銘柄、変わらず10銘柄となった。個別では、直近IPO物色の流れからKaizenPF4170がストップ高となった。また、新型コロナの感染拡大を受けて巣籠り需要の増加への思惑からBASEが7%を超える上昇となった。そのほか、ウェルスナビ7342、かっこ4166、いつも7694が上昇した。一方、債務超過で上場廃止期間の猶予入りとなったアクセルM3624は先行き不透明感の高まりからストップ安となった。トロント大学の研究で、フルッタフルッタ2586の製品であるアサイースーパーベリー抽出物が新型コロナ患者の重度の炎症を緩和と報じられたことで朝方は上昇したが、利食い売りに押され9%を超える下落となった。そのほか、ココペリ4167、ツクルバ2978が安い。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up