for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反落、グロース株売りの流れ、EC関連には買いも


*16:19JST マザーズ指数は反落、グロース株売りの流れ、EC関連には買いも
 本日のマザーズ市場では、おおむね利益確定売り優勢の展開だった。週明け11日の米国市場では、長期金利の上昇や政局混乱への警戒感からハイテク株比率の高いナスダック総合指数が反落。東京市場でもエムスリー
2413のような主力グロース(成長)株に売りが出て、新興株中心のマザーズ市場には逆風となった。ただ、関西3府県への緊急事態宣言発令が表明されたこともあり、EC(電子商取引)関連銘柄などには買いが入った。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1787.68億円。騰落数は、値上がり167銘柄、値下がり171銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、時価総額上位のフリー
4478、ラクス3923、JMDC4483などが軟調で、売買代金上位ではエネチェンジ4169やAIinside4488が下落。昨年12月上場のココペリ4167やオンデック7360はここまでの株価上昇が大きかっただけに売りがかさみ、下落率上位に顔を出した。一方、時価総額トップのメルカリ4385、売買代金トップのBASE4477は上昇。東証1部への市場変更を発表したサーバーワークス4434は急伸した。また、フルッタ2586は連日でストップ高を付けた。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up