for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は3日続伸、引き続き米ハイテク株高追い風、BASEやJTOWER堅調


*16:33JST マザーズ指数は3日続伸、引き続き米ハイテク株高追い風、BASEやJTOWER堅調
本日のマザーズ市場では、週末を前に利益確定の売りも出たものの、日経平均が反落したのと比べるとマザーズ指数は堅調な展開だった。前日の米国市場ではNYダウが小幅に下落する一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は連日で過去最高値を更新。引き続きこうした流れが東京市場でも新興株の追い風となった。また、来週から決算発表が本格化する主力大型株を避けた投資資金が新興株に向かった面もあるとみられる。なお、マザーズ指数は3日続伸、売買代金は概算で3011.73億円と連日で3000億円台に乗せた。騰落数は、値上がり178銘柄、値下がり154銘柄、変わらず11銘柄となった。個別では、時価総額上位のBASE
4477やJTOWER4485が堅調で、JMDC4483は小幅に上昇。売買代金上位ではHENNGE4475やNPC6255が買われた。一部証券会社の投資判断付与が観測されたモダリス4883は9%近い上昇。また、レンティア7081との業務提携を発表したピースリー6696はストップ高を付け、前期業績を上方修正したアルー7043は買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、時価総額上位のメルカリ4385やフリー4478は伸び悩み、売買代金トップのバルミューダ6612も売りに押された。Welby4438は業績下方修正を受けて軟調。また、和心9271などが下落率上位に顔を出した。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up