for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は続伸、イベント前の幕間つなぎで中小型株優位に、上昇率トップはF−ブレイン


*17:01JST マザーズ指数は続伸、イベント前の幕間つなぎで中小型株優位に、上昇率トップはF−ブレイン
 本日のマザーズ指数は、幕間つなぎ的な形での物色が新興市場に向かったことで続伸となった。前日の米国株式市場では、2月小売売上高などの経済指標が予想を下回ったほか、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えていることもあり、利益確定売りが目立った。一方、米長期金利の上昇一服からハイテク株は買われ、ナスダック総合指数は小幅続伸した。東京市場でも、今夜のFOMCの結果公表やパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見を見極めたいとする様子見ムードが強まるなか、大型株の積極的な売買は手控えられ、個人の短期の値幅取り狙いの資金や幕間つなぎ的な物色がマザーズなどの新興市場に向かった。マザーズ指数は朝方から大きく上昇してスタートすると、ランチタイム前後は一旦もみ合ったものの、後場に入って東証1部市場が一層こう着感を強めると、大引けにかけて再び騰勢を強める展開となった。なお、売買代金は概算で1695.11億円。騰落数は、値上がり195銘柄、値下がり131銘柄、変わらず19銘柄となった。
 個別では、15日にDigital Entertainment Asset 社との資本業務提携を発表したフーバーブレイン
3927が前日は小動きに留まったが本日は16%超とストップ高まで買われた。15日に第1四半期営業利益が前年同期比45%増となったセルソース4880も10%高と値上がり率上位に顔を出した。また、15日に米半導体大手NVIDIAのパートナーネットワークに参画したと発表しているKudan4425のほか、ベストワンドットコム6577、調整一巡感から前週から再び動意づいているバルミューダ6612などが値上がり率上位に入った。一方、昨日新規上場したばかりのHCH7361や、業績モメンタムの鈍化が嫌気された直近IPOのcoly4175がそれぞれ6%安で値下がり率上位に並んだ。また、アルー7043、交換できるくん7695、メタップス6172、コマースワン4496、sMedio3913などが下落率上位に入った。売買代金上位では、「めがね型のスマートグラスを共同開発した」と日経産業新聞で報じられたQDレーザ6613が3%高でトップに入ったほか、プレミアアンチエイジング4934、ジーエヌアイ2160などがランクイン。時価総額上位のメルカリ4385、アンジェス4563、マクアケ4479、フリー4478、ウェルスナビ7342、メドレー4480なども堅調となった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up