for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反発、大引けにかけて強含む、物色傾向はまちまち


*16:02JST マザーズ指数は反発、大引けにかけて強含む、物色傾向はまちまち
 本日のマザーズ指数は反発となった。日経平均同様にマザーズ指数も上昇して始まったものの、寄り付き後すぐにマイナス転換。ただし、日経平均よりも相対的に深押しすることはなく、再び切り返す展開に。前引けにかけて一旦弱含んだものの、大引けにかけてはじり高推移が続き、引け間際にきょうの高値1221.92ptをつけた。ただし、明確な物色の方向性は終日見えず、全般高安まちまちだった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1472.84億円。騰落数は、値上がり204銘柄、値下がり141銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄のオキサイド
6521がマザーズ売買代金トップにランクイン。直近IPO銘柄ではオキサイドの他、QDレーザ6613、Appier Group4180も上昇。また、マザーズ市場の主力処ではマネーフォワード3994、フリー4478、HENNGE4475、ミンカブ4436などが上昇した他、ベルトラ7048、アドベンチャー6030、旅工房6548など旅行関連にも物色が見られた。21年3月期の最終損益見通しを1.60億円の赤字から0.07億円の黒字に修正した中村超硬6166なども大幅高に。その他、エヌ・ピー・シー6255、Kudan4425などが買われた。一方、22年3月期の見通し嫌気で失望売りの流れとなったサイバートラスト4498を筆頭に、直近IPO銘柄のステラファーマ4888、ウェルスナビ7342、KaizenPF4170、スパイダープラス4192などが売りに押された。その他、弁護士ドットコム6027、AIinside4488、メディカルネット3645などが下落。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up