for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は大幅反落、主力処も全般売られ下げのきつい1日に


*16:35JST マザーズ指数は大幅反落、主力処も全般売られ下げのきつい1日に
 本日のマザーズ指数は大幅反落となった。若干ながら上昇して始まったマザーズ指数だったが、寄り付き直後の1087.61ptをきょうの高値として即座にマイナス転換。その後も下げ幅を広げ、前引けにかけて一段安の展開に。後場寄り付きも深押しして始まったが、後場は安値圏でのもみ合いに終始した。なお、マザーズ指数は大幅反落、売買代金は概算で1724.58億円。騰落数は、値上がり69銘柄、値下がり280銘柄、変わらず5銘柄となった。
 個別では、12%高となったQDレーザ
6613がマザーズ売買代金トップにランクイン。21年3月期の決算発表の他、カナダのトロント大学と「アサイーが新型コロナウイルス(COVID-19)などが起因するNLRP3誘発性炎症を抑制する効果」に関する実証実験結果を公表したフルッタフルッタ2586が急騰。第1四半期決算を発表したI−ne4933、22年3月期の大幅増収増益見通しが好感されたFFJ7092なども急伸した。その他、バルミューダ6612、Pアンチエイジ4934などが買われた。一方、KDDIと資本業務提携を行うと発表したものの、22年3月期の見通しが嫌気されJTOWER4485が急落。決算とあわせてQUICK及び日本経済新聞社との資本業務提携を公表したミンカブ4436も、急失速して6%近い下落に。前期は赤字拡大で着地、さらに今期業績の非開示もあり不透明感が強まったKudan4425の下げも目立った。その他、BASE4477、メルカリ4385、ウェルスナビ7342、AIinside4488、オキサイド6521、フリー4478などが売られた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up