for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は続伸、時価総額上位がけん引、値上がり率トップは和心


*16:53JST マザーズ指数は続伸、時価総額上位がけん引、値上がり率トップは和心
 本日のマザーズ指数は、米国市場やマザーズ先物のナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ反落でスタートした。寄り付き後は、BASE
4477やジーエヌアイグループ2160など時価総額上位の銘柄が上昇し相場をけん引、マザーズ指数はプラスに転じ堅調な値動きでの推移となった。また、売買代金1位のAIinside4488が大幅上昇となったことも相場を下支えし、マザーズ指数は続伸、本日の高値圏で取引を終了した。日足チャートでは、2日連続の陽線での続伸となり、目先は底打したとの見方も買い要因とされたもようだ。
 マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1504.63億円。騰落数は、値上がり248銘柄、値下がり95銘柄、変わらず11銘柄となった。
 個別では、中高年のワクチン接種によるコロナ後の業績改善期待銘柄として和心
9271がストップ高となった。また、メガバンクの人員削減計画の発表によるDX化など顔認証技術導入の思惑の高まりからシステムを手掛けるサイバートラスト4498がストップ高となった。そのほか、ピアズ7066、トヨクモ4058、テックポイント・インク6697が高い。一方、昨日に大幅上昇した利食い売りに押されアクセルマーク3624が6%を超える下落となった。また、21年12月通期予想の営業損益を従来予想の8.86億円の赤字から11.11億円の赤字に下方修正を発表したメドレック4586は5%を超える下落となった。そのほか、タメニー6181、オークファン3674、キャリア6198が安い。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up