for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は続伸、売買代金上位が主導、値上がり率トップはベビーカレンダー


*16:40JST マザーズ指数は続伸、売買代金上位が主導、値上がり率トップはベビーカレンダー
 本日のマザーズ指数は、米国市場やマザーズ先物のナイトセッションが下落した流れを受けたものの小幅高でスタートした。寄り付き後は、メルカリ
4385やBASE4477など時価総額上位の銘柄が徐々に上げ幅を拡大し相場を押し上げ、マザーズ指数は上げ幅を拡大、底堅い値動きでの推移となった。また、時価総額が上位銘柄である、ウェルスナビ7342やPアンチエイジ4934が売買代金上位銘柄として大幅上昇したことも相場を下支えし、マザーズ指数は続伸で本日の取引を終了した。日足チャートでは、5日線に沿う上昇トレンドを継続しており、25日線をうかがう位置まで迫って来ている。
 マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1311.37億円。騰落数は、値上がり193銘柄、値下がり151銘柄、変わらず10銘柄となった。
 個別では、こども庁の創設議論が本格化しているとの読売新聞の報道により関連銘柄としての思惑からベビーカレンダー
7363が19%を超える上昇となった。また、ワクチン接種が順調に進んでおり今後の旅行需要回復への思惑から旅工房6548は6%を超える上昇となった。そのほか、イーエムネットジャパン7036、ケアネット2150、HANATOURJAPAN6561が高い。一方、信用取引で増し担保措置となり需給悪化が懸念されるキャリア6198が9%を超える下落となった。また、昨日の大幅上昇による利食い売りに押されENECHANGE4169は4%を超える下落となった。そのほか、Fringe816550、ウォンテッドリー3991、INCLUSIVE7078が安い。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up