for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反発、方向感に欠ける展開、材料株や直近IPOの上昇目立つ


*16:03JST マザーズ指数は反発、方向感に欠ける展開、材料株や直近IPOの上昇目立つ
 本日のマザーズ指数は反発となった。日経平均と対照的にマザーズ指数は上昇してのスタート。ただ、寄り付き後につけた1156.14ptをきょうの高値にその後は上げ幅を縮小。再び強含んで前場を終えたものの、後場には再び冴えない展開になるなど、終日もみ合う方向感に欠ける展開となった。なお、マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1133.29億円。騰落数は、値上がり139銘柄、値下がり197銘柄、変わらず15銘柄となった。
 個別では、網膜投影型レーザアイウェアをSMBC日興証券が導入したと発表したQDレーザ
6613がマザーズ売買代金トップにランクイン。QDレーザの他、スパイダープラス4192、coly4175、アクシージア4936、ENECHANGE4169など直近IPO銘柄には物色が散見された。米国でWAFの自動運用サービスβ版の提供を6月1日から開始と発表したサイバーセキュリティクラウド4493、250施設をワクチン接種会場として無償提供する方針との一部報道で関心を集めたTKP3479、大阪府より自宅療養者の相談や往診を行う「自宅療養者緊急相談センター」受託したと発表したMRT6034などにも資金が向かった。その他、ミンカブ4436、GNI2160、メドレー4480、マネーフォワード3994などが買われた。一方、直近で強い値動きから前週末には1000円台にのせたアライドアーキ6081を筆頭にサイバートラスト4498、AIinside4488、Appier4180、アンジェス4563などが売られた。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up