for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反落、利益確定売り優勢、Pアンチエイジなど


*16:29JST マザーズ指数は反落、利益確定売り優勢、Pアンチエイジなど
 本日のマザーズ市場では、積極的な買いが入りづらいなか、目先の利益を確定する売りが優勢となった。前日の米国市場が休場だったことなどから前場の日経平均は方向感に乏しい展開で、週内に重要な米経済指標の発表が控え、新興株でも買い持ち高を増やす動きは限られた。一方、直近上昇の目立っていた銘柄を中心に利益確定売りが出た。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1150.31億円。騰落数は、値上がり128銘柄、値下がり205銘柄、変わらず19銘柄となった。
 個別では、売買代金トップのPアンチエイジ
4934、それにスパイダープラス4192が10%近い下落。スパイダープラスが下落率トップ、Pアンチエイジが同2位にランクインした。ともに好業績や今後の成長期待からこのところ大きく上昇していた銘柄となる。また、時価総額上位ではフリー4478やJMDC4483、売買代金上位ではウェルスナビ7342などが軟調だった。一方、時価総額上位のメルカリ4385、売買代金上位のQDレーザ6613やBASE4477は小じっかり。はてな3930は業績上方修正が好感された。また、ブティックス9272が上昇率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up