for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反落、グロース株安・イベント前の手仕舞いで


*16:44JST マザーズ指数は反落、グロース株安・イベント前の手仕舞いで
本日のマザーズ市場では、朝方から売り優勢で、終日軟調な展開となった。前日の米国市場では、雇用・非製造業景況感の指標がいずれも予想以上に良好な内容で、長期金利の上昇とともにハイテク株が下落。本日の東京市場でもこうした流れを引き継いでグロース(成長)株が売られ、新興株中心のマザーズには逆風となった。また、今晩の米国では5月雇用統計の発表が控えており、買いが手控えられるのと同時に手仕舞いの売りが出た。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で1053.02億円。騰落数は、値上がり92銘柄、値下がり241銘柄、変わらず20銘柄となった。個別では、時価総額上位のメルカリ
4385、フリー4478、マネーフォワード3994などが売り優勢。売買代金上位もPアンチエイジ4934、AIinside4488を中心に全般軟調だった。また、このところ経済活動の再開期待から買われていたベストワンドット6577が急反落し、下落率トップとなった。一方、時価総額上位ではビジョナル4194、売買代金上位ではスパイダープラス4192が上昇。ナノキャリア4571が遺伝子治療薬を巡るリリースを受けて買われ、サンバイオ4592など他のバイオ株も比較的堅調だった。また、GTS4584が上昇率トップとなった。
《HK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up