for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は反発、時価総額上位がプラスに転じ相場を押し上げ、値上がり率トップはステムセル研究所


*17:16JST マザーズ指数は反発、時価総額上位がプラスに転じ相場を押し上げ、値上がり率トップはステムセル研究所
 本日のマザーズ指数は、BASE
4477やメルカリ4385など時価総額上位の銘柄が下落したことが相場の上値を抑え、続落でスタートした。しかし、寄り付き後は、JMDC4483など時価総額上位の一角が堅調に推移して相場を下支えし、マザーズ指数は、前日終値付近を行き来する方向感の無い値動きでの推移となった。なお、下落していた時価総額上位のフリー4478や弁護士ドットコム6027、プレミアアンチエイジング4934などがプラスに転じ徐々に上げ幅を拡大したことが相場を押し上げ、マザーズ指数は、小幅反発で本日の取引を終了した。
 マザーズ指数は反発、売買代金は概算で1776.96億円。騰落数は、値上がり143銘柄、値下がり210銘柄、変わらず12銘柄となった。
 個別では、30日より貸借担保代用有価証券適格銘柄に追加となったステムセル研究所
7096は需給改善への期待感により8%を超える上昇となった。また、SMBC日興証券がレーティング新規1・目標株価7000円と設定したJMDCは6%を超える上昇となった。そのほか、イーエムネットジャパン7036、アクリート4395、ジモティー7082が高い。一方、22年5月通期予想で営業利益を前年比22.8%増の10.92億円と発表したフィードフォース7068は材料の出尽くし感から7%を超える下落となった。また、公開価格の960円を大幅に上回ったOPS7699が利食い売りに押され10%を超える下落となった。そのほか、ピアズ7066、BlueMeme4069、Enjin7370が安い。
《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up