for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マザーズ指数は4日ぶりの反発、FOMC通過後のあく抜け期待、値上がり率トップはエーアイ


*16:27JST マザーズ指数は4日ぶりの反発、FOMC通過後のあく抜け期待、値上がり率トップはエーアイ
 本日のマザーズ指数は7.69pt高の779.83ptと4日ぶりに反発。25日の米株式市場でNYダウは小幅反落。ウクライナを巡る緊張に加え、日本時間明日未明に結果公表を控える連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感から売りが継続。ただ、企業の好決算や5年債入札の結果を受けた安心感から一時上昇に転じる局面もあった。ハイテク株の売りは続きナスダック総合指数とSOX指数は大幅反落だった。前日の時間外取引の米株価指数先物の軟化を受けてすでに米株安を一部織り込み済みだったことで、マザーズ指数は前日比ほぼ横ばいでスタート。ただ、FOMCの公表結果を直前に控えるなか買い手は乏しく、朝方は軟調もみ合いとなり午前中頃には765.10ptまで下げた。一方、FOMC通過後のあく抜け感を予想する市場関係者も多く、安値圏にあるマザーズ銘柄の多くには押し目買いが入ったことでそこからは切り返す展開に。時間外取引のナスダック100先物の上昇も追い風となり午後中頃には789.64ptまで買われた。なお、売買代金は概算で1135.32億円。騰落数は、値上がり328銘柄、値下がり77銘柄、変わらず13銘柄となった。
 個別では、「AITalk」が国税庁に採用されたエーアイ
4388が急伸し、デザイン思考を学べるe-ラーニングコースの提供を開始したブリッジインターナショナル7039も上昇。時価総額上位ではAppier4180、ビジョナル4194、弁護士ドットコム6027、HENNGE4475、セルソース4880などが買われた。売買代金上位ではGEI9212、FRONTEO2158、Enjin7370、エフ・コード9211、ヒュウガプライマ7133、キャンバス4575、サイエンスアーツ4412、リアルワールド3691などの上昇率が大きめだった。一方、第1四半期が2ケタ営業減益となったマクアケ4479がストップ安まで売られた。「AIカメラで子供撮影、保護者に自動配信」などと報道されたエクサウィザーズ4259は一時急伸したが買いが続かず下落に転じた。売買代金上位ではメルカリ4385、BASE4477、日本電解5759、ウェルスナビ7342、メドレー4480、プレイド4165が軟調だった。
《YN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up