Reuters logo
中小型株はやや割り切りスタンスでの対応に
2016年5月23日 / 03:12 / 2年前

中小型株はやや割り切りスタンスでの対応に


*12:08JST 中小型株はやや割り切りスタンスでの対応に
 日経平均は反落。182.37円安の16553.98円(出来高概算8億6000万株)で前場の取引を終えた。G7財務相会議で目立った成果がなかったことから、利益確定の流れが先行し、小幅に反落して始まった。しかし、為替市場では円相場が1ドル109円台と円高に振れて推移するなか、その後も下げ幅を広げ、一時16417.84円まで下げており、下落幅は300円を超える場面をみせている。
 その後は前引けにかけてやや下げ幅を縮めているが、指数インパクトの大きいファーストリテ9983、ファナック6954などが重しとなっている。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1300を超えており、全体の7割を占めている。規模別指数は大型、中型、小型株指数いずれも2ケタの下落。セクターではゴム製品のみがプラスとなり、鉱業、電力ガス、保険、水産農林、ガラス土石、不動産、陸運の弱さが目立つ。

 G7財務相会議で目立った成果がなかったことについては想定されたことであり、伊勢志摩サミットを控え、やや底堅い相場展開を見込んでいた。しかし、参加者が限られる中でインデックスに絡んだ商いに振らされている。円相場が1ドル109円台を付けていることも、売り方の仕掛け的な売りが出やすい要因であろう。
 ただし、売り一巡後は16500円処でのこう着をみせており、この水準で踏ん張りをみせられれば、短期筋のショートカバーも意識されよう。一方で、一目均衡表では雲上限レベルに接近した。雲の薄いところで、割り込んでくる展開も意識しておく必要があり、結果的には模様眺めムードの強い展開になりそうだ。
 物色としては中小型株に向かいやすいだろうが、新興市場ではバイオ関連の一角へ資金が集中している。逃げ足の速さには注意が必要であるが、やや割り切りスタンスでの対応になりそうだ。(村瀬 智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below