Reuters logo
日経平均は小幅下落、決算のほか、リバランスの商いが中心
2017年2月8日 / 03:18 / 10ヶ月前

日経平均は小幅下落、決算のほか、リバランスの商いが中心


*12:12JST 日経平均は小幅下落、決算のほか、リバランスの商いが中心
 日経平均は小幅に下落。35.21円安の18875.57円(出来高概算7億9000万株)で前場の取引を終えた。前日の下げの一因だった欧州市場が落ち着いた動きをみせていることもあり、買い先行で始まった。その後はこう着感の強い相場展開となるなか、前場半ばには一時18984.24円まで上げ幅を広げる場面もみられた。しかし、節目の19000円には届かず、次第に上値の重さが嫌気される格好から下げに転じると、前引けにかけて下落幅を広げている。

 東証1部の騰落銘柄は値下がり数が若干上回っているが、値上がり値下がり数がほぼ拮抗。セクターでは決算を手掛かりとした物色が中心となるなか、ガラス土石、不動産、卸売、サービス、倉庫運輸、小売が小じっかり。半面、石油石炭、鉱業、水産農林、金属製品、情報通信が冴えない。

 日経平均は狭いレンジ内でのこう着が続いている。売買代金上位ではソフトバンクG9984、任天堂7974、トヨタ自7203、Vテク7717、三井住友8316、ソニー6758、キーエンス6861が軟調。半面、JT2914、旭硝子5201、ファナック6954、富士重7270がしっかり。決算のほか、リバランスの商いが中心であり、また週末にSQを控えていることもあり、方向感の掴みづらい状況である。

 午後は日銀のETF買い入れが意識されるが、日経平均が19000円に届かないと、短期筋の売り仕掛け的な商いが膨らみやすいだろう。短期的にショートポジションに傾きやすい需給状況のなか、大引けにかけてのショートカバーを狙った押し目拾いといったところであろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below