Reuters logo
日経平均は続伸、押し目買い意欲の強さなど、下値の堅さを見極める必要
2017年2月13日 / 03:18 / 9ヶ月後

日経平均は続伸、押し目買い意欲の強さなど、下値の堅さを見極める必要


*12:13JST 日経平均は続伸、押し目買い意欲の強さなど、下値の堅さを見極める必要
 日経平均は続伸。104.45円高の19483.38円(出来高概算9億8000万株)で前場の取引を終えている。日経平均は買い先行で始まり、19500円を回復している。10日の米国市場の上昇のほか、原油相場の上昇が材料視されている。また、先週末の日米首脳会談では、日本が名指しで通貨安誘導と批判されることはなかったため、円相場の落ち着きが好感されている。買い一巡後は利食いに押される場面もみられたが、前引けにかけてじり高基調が継続している。

 セクターでは鉱業、石油石炭、非鉄金属、鉄鋼、ガラス土石、海運、卸売、空運、食料品が上昇。半面、不動産、電力ガス、繊維、情報通信が小安い。売買代金上位ではメガバンク3行のほか、トヨタ自7203、JT2914、Vテク7717、富士重7270、マツダ7261、三井物産8031、ホンダ7267が上昇。ソフトバンクG9984、NTT9432、任天堂7974、ライオン4912が下落。

 日経平均は直近戻り高値水準での攻防をみせている。一目均衡表では雲を上放れる格好となり、遅行スパンの上方シグナル発生が近づいている。日米首脳会談が通過し、円相場が落ち着いた動きをみせていることが安心感につながっている。ただ、19500円レベルでは戻り待ちの売り圧力は強く、押し目買い意欲の強さなど、下値の堅さを見極める必要がありそうだ。自動車株等も買い一巡後は上げ幅を縮めており、強気になりづらい面もある。

 とはいえ、トランプ政権の減税策のほか、インフラ(社会資本)整備に力を入れる考えが強調されていることから、インフラ関連へ関心が向かいやすいだろう。また、米国では金融業界に対してFRBで最も厳しい目を光らせているタルーロ理事が4月5日前後に退任すると伝えられており、金融改革制度の見直しの進展等への思惑から、金融株の動向も注目される。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below