Reuters logo
日経平均は大幅続落、北朝鮮に関連する一部メディア報道が危機感を強める格好にも
2017年4月13日 / 03:26 / 7ヶ月後

日経平均は大幅続落、北朝鮮に関連する一部メディア報道が危機感を強める格好にも


*12:21JST 日経平均は大幅続落、北朝鮮に関連する一部メディア報道が危機感を強める格好にも
 日経平均は大幅に続落。212.17円安の18340.44円(出来高概算9億7000万株)で前場の取引を終えている。12日の米国市場は、シリアや北朝鮮の地政学的リスクの上昇を背景に投資家のリスク回避姿勢が強まり、売り先行の展開。北朝鮮を訪れている外国人記者は13日に「大きく重要な出来事」に備えるよう通知を受けたと、ロイター通信が伝えている。その他、トランプ米大統領はドルが「強くなり過ぎている」とし、FRBが低金利を維持するのが好ましいとの見解を示したと伝えられ、円相場は一時1ドル108円台に突入している。この流れを受け、日経平均は18400円を下回って始まると、その後は一時18304.72円まで下げ幅を広げている。

 東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1500を超えており、全体の8割近くを占めている。セクターでは鉄鋼、鉱業、石油石炭、卸売、非鉄金属、保険、海運などの下げが目立つ。一方で電力ガス、水産農林が小幅に上昇。売買代金上位では軒並み下落する銘柄が目立つなか、シャープ6753、アエリア3758が上昇。連日で活況が伝えられていた防衛関連については、軒並み利益確定の流れが目立っている。

 日経平均は下へのバイアスが強まってきているが、価格帯別出来高では商いの薄いところであるほか、模様眺めムードのなかでインデックスに絡んだ商いで下に走りやすい面はあるだろう。北朝鮮に関連する一部メディア報道が危機感を強める格好にもなっており、リスク回避の流れがこれまで以上に強く感じられる。まずはリスク回避の払拭が待たれるなか、模様眺めムードの強い相場展開が続きそうである。

 日銀のETF買い入れによる下支えが意識されそうだが、それ以上に戻り待ちの売り圧力には警戒しておく必要があろう。また、資金の逃げ足が速く、イレギュラー的な価格形成になりやすい点は注視しておく必要があろう。週末は欧米市場が休場になることもあり、海外勢のポジション圧縮の動きも前倒しで強まりそうだ。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below