Reuters logo
日経平均は小幅続落、決算物色のほか、ややディフェンシブ系に
2017年4月28日 / 03:14 / 8ヶ月前

日経平均は小幅続落、決算物色のほか、ややディフェンシブ系に


*12:04JST 日経平均は小幅続落、決算物色のほか、ややディフェンシブ系に
 日経平均は小幅に続落。38.78円安の19213.09円(出来高概算9億株)で前場の取引を終えた。27日の米国市場は上昇。ただし、昨日の税制改革案が予想通りの内容となり、積極的な買いが手控えられたほか、原油相場の下落が嫌気されている。一方で、ハイテク企業への業績期待が高まるなか、ナスダックは最高値を更新。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の19235円だった。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好からやや利食い優勢の流れのなか、決算を手掛かりとした個別物色のほか、テーマ性のある中小型株の一角に値幅取り狙いの資金が向かっている。途中、トランプ米大統領による北朝鮮に関する発言等から弱含みとなる場面もみられたが、19200円をキープする底堅さがみられている。セクターでは、情報通信、その他製品が堅調。半面、証券、銀行、その他金融が冴えない。

 米国では28日に暫定予算が期限を迎える。政府機関の一部閉鎖を避けるためには議会が週内に新たな暫定予算を可決する必要がある。警戒感はそれ程高まってはいないものの、結果を見極めたいとする模様眺めムードが強まりやすいだろう。また、決算発表の第1弾ピークとなること。足元の決算は概ね良好に映るが、やはり結果を見極めたいだろう。そして大型連休に入るため、積極的な売買は手控えられやすい。

 物色は引き続き決算を手掛かりとした流れになるほか、セクターではややディフェンシブ系にシフトしそうである。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below