Reuters logo
日経平均は反発、2万円目前で足踏み、メガバンクの反転を見極め
2017年5月16日 / 03:30 / 6ヶ月後

日経平均は反発、2万円目前で足踏み、メガバンクの反転を見極め


*12:28JST 日経平均は反発、2万円目前で足踏み、メガバンクの反転を見極め
 日経平均は反発。6.42円高の19876.27円(出来高概算10億8000万株)で前場の取引を終えた。15日の米株高を受けて、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から19900円を回復して始まると、一時19998.49円と節目の2万円にあと一歩に接近。しかし、2万円接近で利食いも出やすいところであり、その後は上げ幅を縮めてきている。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり、値下がりが拮抗。セクターでは食料品、パルプ紙、石油石炭、空運、ゴム製品、海運、その他製品が堅調。一方で、鉱業、不動産、保険、銀行、小売が冴えない。売買代金上位では、任天堂7974、Vテク7717、トヨタ自7203、ソフトバンクG9984、JT2914が堅調。

 日経平均は節目の2万円には届かず、戻り待ちの売り圧力が意識されているようだ。決算発表が通過したメガバンク3行がそろって冴えない値動きをみせていることも手掛けづらくさせている。もっとも、想定内の値動きともみられており、戻り売りを吸収しつつ反転のきっかけを探る展開になりそうである。

 三井住友8316は75日線に上値を抑えられての推移が続いており、同線突破までは短期筋の資金も向かいづらい。三菱UFJ8306、みずほ8411は支持線として期待されていた75日線を割り込んでおり、メガバンクの反転を見極めたいところ。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below