Reuters logo
日経平均は続落、下値リスクを避ける形での消極的な物色に
2017年8月18日 / 03:17 / 1ヶ月前

日経平均は続落、下値リスクを避ける形での消極的な物色に


*12:14JST 日経平均は続落、下値リスクを避ける形での消極的な物色に
 日経平均は続落。201.10円安の19501.53円(出来高概算8億5000万株)で前場の取引を終えている。17日の米国市場は大幅に下落。トランプ大統領が2つの大統領助言組織を解散させたことで、重要政策の実現が難航するとの見方が広がったほか、シスコ・システムズの冴えない決算。さらに、スペイン・バルセロナで発生したテロ事件を受けて、投資家心理が悪化した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比200円安の19480円となり、これにサヤ寄せする格好から週初に付けた安値を割り込んでのスタートに。その後はやや下げ渋りをみせており、19500円を挟んでのこう着が続いている。

 セクターでは海運が小幅に上昇している他は、32業種が下げており、保険、証券、鉄鋼、不動産、その他製品、パルプ紙、銀行、ガラス土石、倉庫運輸、非鉄金属が軟調。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1700を超えており、全体の8割を占めている。指数インパクトの大きい処では、ファーストリテ9983、京セラ6971、ファナック6954、TDK6762、日東電6988が重し。

 TOPIXの下げが1%を超えている状況であり、後場は日銀のETF買い入れへの思惑が高まりやすく、下支えとして意識されやすい。とはいえ、日経平均が直近安値水準での推移となるなか、足元で資金が向かっていたマザーズ、JASDAQ、東証2部の中小型株も軒並み利益確定の流れが優勢となっている。自律反発狙いの動きも散見されているが、北朝鮮情勢など地政学リスクへの警戒から、大引けにかけてはポジション調整の動きが強まる可能性がありそうだ。

 物色としては高値圏に位置している銘柄よりは、ボトム圏で推移しているほか、足元でリバウンドをみせてきている銘柄など、下値リスクを避ける形での消極的な物色になりそうである。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below