Reuters logo
日経平均は小幅上昇、ノーベル賞に絡んだテーマ株への短期的な値幅取り
October 2, 2017 / 3:18 AM / 2 months ago

日経平均は小幅上昇、ノーベル賞に絡んだテーマ株への短期的な値幅取り


*12:14JST 日経平均は小幅上昇、ノーベル賞に絡んだテーマ株への短期的な値幅取り
 日経平均は小幅に上昇。20.62円高の20376.90円(出来高概算6億3000万株)で前場の取引を終えた。9月29日の米国市場は、税制改革案の恩恵を受けるハイテク株が選好される一方で、同法案の成立に懐疑的な見方や赤字拡大を懸念する向きから積極的な買いが入りにくく、上値の重い展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円安の20350円となるなか、反発もその後はこう着感の強い相場展開が続いている。

 日経平均の日中値幅は50円弱と狭いレンジでの推移。東証1部の騰落銘柄は、値上がり、値下がり数が拮抗している。セクターでは精密機器、保険、ゴム製品、鉄鋼、パルプ紙、金属が小じっかり。半面、海運、石油石炭、空運、倉庫運輸、銀行、卸売、繊維が冴えない。

 日経平均は20400円を回復して始まったが、その後は上値の重い相場展開になっている。指数インパクトの大きいところでは、ファナック6954、ファーストリテ9983、ユニファミマ8028、東エレク8035がしっかり。半面、TDK6762、京セラ6971、KDDI9433が冴えない。

 北朝鮮情勢のほか、衆院選で与党が苦戦して国内政治が不安定化する懸念も浮上しているなか、積極的な売買は手控えられやすい。一方で、こう着感が強いなかで物色は個人主体の材料株にシフトしており、ノーベル賞に絡んだテーマ株への短期的な値幅取り狙いの売買が活発化しよう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below