Reuters logo
日経平均15連騰、主力大型株からの需給変化を見極める必要
2017年10月23日 / 03:22 / 1ヶ月前

日経平均15連騰、主力大型株からの需給変化を見極める必要


*12:14JST 日経平均15連騰、主力大型株からの需給変化を見極める必要
 日経平均は15営業日続伸。200.61円高の21658.25円(出来高概算8億株)で前場の取引を終えた。衆院選は自公が3分の2を超える圧勝となった。これについては予想通りであり、市場は織り込み済みとなるが、アベノミクス加速や長期安定政権を評価した買いが向かい、日経平均は21700円に乗せて始まった。買い一巡後は利益確定の動きもあり、上げ幅を縮めているが、21600円を上回っての底堅い値動きが続いている。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1600を超えており、全体の8割近くを占めている。セクターではパルプ紙、保険、鉄鋼、電気機器、鉱業、金属、機械が上昇。半面、空運、サービス、不動産が小安い。インデックスに絡んだ商いが中心となり、ソフトバンクG9984、東エレク8035、ファナック6954、ファーストリテ9983の4社で日経平均を約62円押し上げている。

 日経平均は15連騰という新記録達成は確実だろう。よりセンチメントが高まりやすく、先高観が強まることになりそうだ。買い一巡後は利食いの動きがみられているが、インデックスに絡んだ売買が中心のため、海外勢の資金流入が継続している需給状況では、先高観は強いだろう。一方で、日経平均が上げ幅を若干縮めているが、依然として高値圏での底堅い値動きをみせるなか、中小型株にはなかなかシフトしづらい面もありそうだ。

 中小型株の一角には資金が向かっているが、足元調整による自律反発の域にもみられる。まずは主力大型株からの需給変化を見極める必要があろう。いずれ中小型株へのシフトを想定し、出遅れ感のある銘柄等への押し目拾いのスタンスとみておきたい。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below