Reuters logo
日経平均は反発、半導体関連から内需・ディフェンシブ系へシフト
2017年11月28日 / 03:15 / 15日前

日経平均は反発、半導体関連から内需・ディフェンシブ系へシフト


*12:11JST 日経平均は反発、半導体関連から内需・ディフェンシブ系へシフト
 日経平均は反発。37.73円高の22533.72円(出来高概算7億5000万株)で前場の取引を終えた。27日の米国市場は、年末商戦への期待が高まったものの、高値警戒感から上値は限られた。また、OPEC会合を控えて原油相場が下落したことも重しになった。シカゴ日経225先物は大阪比で下げていたこともあり、朝方は利食い優勢の展開に。円相場が一時1ドル110円台を付けたほか、サムスン株が急落したこともあってか、半導体関連には売りが強まるなか、日経平均は一時22363.94円まで下げる場面もみられた。しかし、その後は先物主導で切り返しをみせたほか、内需・ディフェンシブ系への物色が強まるなど、物色意欲の強さがうかがえた。

 東証1部の騰落銘柄は値上がり、値下がり数が拮抗。セクターでは電力ガス、小売、建設、空運、食料品、倉庫運輸、医薬品がしっかり。半面、繊維、石油石炭、鉱業、保険、海運、精密機器、不動産がさえない。指数インパクトの大きいところでは、ダイキン6367、テルモ4543、ファーストリテ9983、花王4452が日経平均を下支え。

 日経平均は続落して始まったが、25日線が支持線として機能する格好から切り返しをみせており、その後は5日線を挟んでの攻防をみせている。半導体関連への利食いが目立つ半面、内需系への物色がみられており、理想的な循環となろう。北朝鮮情勢への警戒から個人主体の中小型株には利食いが強まる場面もみられたが、売り一巡後は買い戻す動きもみられている。押し目買い意欲の強さなどをみると、需給状況は良好であろう。

 半導体関連の弱さから、先物主導で売り仕掛け的な動きも出やすいと考えられる。ただし、下を大きく売り込む流れにはなりづらく、押し目拾いのスタンスで対応しておきたいところであろう。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below