December 22, 2017 / 3:22 AM / 6 months ago

日経平均は小幅下落、こう着も先高観は強い


*12:17JST 日経平均は小幅下落、こう着も先高観は強い
 日経平均は小幅に下落。5.92円安の22860.18円(出来高概算7億3000万株)で前場の取引を終えた。小幅に続落で始まった日経平均は、前場半ばには一時22895.48円とプラスに転じる場面もみられた。しかし、クリスマス休暇で参加者が限られる中、米半導体株安の影響を受けた値がさハイテク株がさえない展開となっており、日経平均の重しとなっている。また、医薬品株の一角が大きく下げていることも影響している。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1100を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは医薬品、電力ガス、建設、精密機器、小売が軟調。一方で鉱業、海運、非鉄金属、卸売、銀行が堅調。指数インパクトの大きいところでは、エーザイ4523、東エレク8035、日東電6988が指数を押し下げている。

 日経平均は前日終値を挟んでのこう着が続いているが、エーザイ45231社で日経平均を約39円押し下げていることからみれば、全体としては底堅い相場展開になろう。一方で、TOPIXはプラス圏で推移しているほか、マザーズ指数は反発となるなど、需給状況は悪くないだろう。物色についても、働き方改革に関連する銘柄等、来年も成長が期待されるテーマ株への物色もみられている。日経平均がこう着の中、先高期待は強いだろう。

 後場も医薬品株の動向のほか、値がさハイテク株の推移を睨みながらの展開となりそうであり、ハイテク株が下げ渋るようだと、押し目買い意欲の強さが意識されやすい。日経平均はもち合いが続いており、煮詰まり感も台頭している。もち合いレンジからの上放れへの期待も高まりそうだ。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below