December 29, 2017 / 3:08 AM / 6 months ago

日経平均は反発、米減税策や仮想通貨関連への思惑


*12:03JST 日経平均は反発、米減税策や仮想通貨関連への思惑
 日経平均は反発。57.66円高の22841.64円(出来高概算3億9000万株)で前場の取引を終えた。28日の米国市場では前日重しとなった原油相場は反発したほか、長期金利も上昇した流れを受けて、小幅ながら買いが先行した。日経平均は前日の後場半ばから下げ幅を拡大していた反動もあり、寄付き直後には22871.39円まで切り返す場面をみせている。

 ただし、市場参加者は限られており、日経平均の5日、25日線とのレンジ相場が継続する格好。東証1部の値上がり数は1100を超えており、過半数を占めている。セクターでは銀行、ガラス土石、金属、証券、パルプ紙がしっかり。半面、空運、食料品、サービス、水産農林が小安い。

 出来高は4億株に届かず、今年最低を更新することになりそうだ。ただし、先高期待は大きく、中小型株には短期筋の値幅取り狙いの資金が向かっているように映る。大引けにかけては利食いに失速する銘柄も増えてくる可能性があるが、中核的な銘柄に資金が集中する格好になろう。

 引き続き米国の減税策を手掛かりとした金融や資源関連などが注目されるほか、2018年のテーマとしてAIやIoT、仮想通貨、次世代電池、働き方改革、省力化といった関連銘柄への物色になりそうである。特に仮想通貨は365日、24時間稼働していることもあり、仮想通貨に対する思惑から、関連銘柄への物色が意識される。(村瀬智一)
《AK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below